ローマ法王が配布した「焼き場に立つ少年」とは

アメリカ大陸出身で初めてカトリックの頂点であるローマ法王となったフランシスコが11月23日から26日まで、初来日しました。

今回の来日は、法王が「焼き場に立つ少年」という、被爆後に亡くなった弟を背負う写真に胸を打たれ、
それを世界に配布したことがきっかけになったそうです。

カトリック信徒は世界で約13億人いるが、日本には約44万人しかいません。

しかし、フランシスコ法王は若い頃、日本での布教活動を望んでいたということもあり、唯一の被爆国である日本を特別に気にかけていたといいます。







スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』
山田BODYボクレッチパーソナルジム『BBB』HP




82歳という高齢にもかかわらず、分刻みのスケジュールをこなすというフランシスコ法王の語った言葉はどの言葉を取ってみても、解釈が難しい言葉ではなく、誰にでも理解できる平易なわかりやすい言葉で語っているのが特徴です。



ローマ法王のお言葉をまとめた本がありました。

私も読んでみようと思います!

最後に・・・
こちらが「焼き場に立つ少年」の写真です

IMG_0245 (1).jpg
(出典:NHK様)


山田BODY宛て質問メールはコチラ



引き続きよろしくお願いいたします!!


https://twitter.com/yamada__body/status/1202944424247881728
👆こちらはtwitter



ー山田BODYー

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』
山田BODYボクレッチパーソナルジム『BBB』HP






この記事へのコメント