イチゴ園までAIが支配で消えゆく農家の人々

いちご狩りで地域の活性化を進めている埼玉県越谷市で、

観光農園に多くの客を効率的に呼び込もうと、AI=人工知能を使っていちごの収穫数を推計する研究が始まったそうです。


この研究は、越谷市と都内の農業関連のベンチャー企業が共同で行うもので、


具体的にはAIを搭載したロボットを使い、

これまで農家の経験や勘に頼っていたいちごの収穫数を正確に推計できるようにするもので、ロボットは自律走行できるうえ、カメラで撮影した映像から赤く色づいたいちごを数えることができます


収穫数を把握することで、受け入れが可能な観光客の数を計算するのに役立てるということです。








スポンサードリンク







今後は、AIがいちごの赤みを数段階に分けて認識し、収穫数の予測もできるようにしたいとしています。




越谷市農業技術センターの関係者さんは

「いちごの収穫数を予測できれば農家の省力化にもつながり、収益アップにもつながると期待しています」

とコメント。


ただ逆に言うと、現在農家で生計を立てておられる方のその後は??


といった心配も・・・


山田BODY宛て質問メールはコチラ




引き続きよろしくお願いいたします!!




👆こちらはtwitter




ー山田BODYー


いつも応援ありがとうございます!

ブログランキング・にほんブログ村へ





スポンサードリンク










この記事へのコメント