新型ウイルスコロナに思う「心配り」

食文化が世界的問題に

中国の南京で来月行われる予定だったサッカー女子の東京オリンピックのアジア最終予選が、
『新型のコロナウイルス』の感染拡大を受けてオーストラリアのシドニーで行われることになりました。
サッカー女子の東京オリンピックのアジア最終予選は来月3日から9日まで、中国、オーストラリア、タイ、台湾の4チームが参加するグループBの試合が武漢で行われる予定でしたが、現地で新型のコロナウイルスによる肺炎の感染が広がっていることから、南京に会場を変更することが今月22日に発表されました。

しかしその後も中国で新型のコロナウイルスによる肺炎の患者が増え続け、アジアサッカー連盟は、中国サッカー協会がアジア最終予選の開催権を返上し、新たな開催地がシドニーになったと発表しました。

日本はすでに開催国枠での出場が決まっています。



この新型コロナウイルスの件で中国の食文化に対する指摘、堂々と日本に訪れる中国人観光客への指摘が報道されたり、日本国民が激怒したりしております。

これはなんとも言い難く、一つ間違えると差別発言にもなりうる現状です。

ただ、わたしが一つ思うことは

「いまそれする必要ある!?」

ということですべては片付くと思ってます。

時期を変えればほとんどが済む話。

こういったときこそ世界中の心配りに期待です。

◆著者◆
ボクレッチ(ボクシング&ストレッチ)トレーナー・芸人
山田BODY



ご意見、アドバイスなどあればコメントください。


山田BODY宛てメールはコチラ



Twitterやってます!!👇
山田BODYのTwitter


YouTubeやってます!!👇
山田BODYチャンネル



いつも応援ありがとうございます!

ブログランキング・にほんブログ村へ





スポンサードリンク









"新型ウイルスコロナに思う「心配り」"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: